スタッドレスタイヤについて

  • 2020.10.21 Wednesday
  • 13:41

 10月も下旬になり、寒くなってきました。 北海道に住んでいるといろいろと冬準備が必要になります。 まずは、車のタイヤ交換です。

 私は11月3日文化の日にタイヤ交換をするのを恒例にしてきました。 車通勤していたので、少し早めの交換です。 初雪は予測が難しいし、雪が降るまえでも、朝は路面が凍結することがあります。そんな時に慌てると事故の元です。

 

 今年はスタッドレスタイヤが3シーズン目で、チェックしたところスノープラットフォームが露出寸前でした。 そこでスタッドレスタイヤを買うことにしたのですが、なるべく安く手に入らないか検討しました。

 

 北海道ではBS(ブリジストン)のブリザックが圧倒的信頼を得ているスタッドレスタイヤですが、値段も一番高いです。私も今まではブリザックでした。
理由は、氷上性能が高く、古くなっても性能劣化が少ないと思われているからです。タイヤ販売店の店員さんが言うには、「氷上性能はゴムの柔らかさが重要。BS以外のタイヤのゴムは油分で柔軟性を出しているので、古くなると油分が抜けて硬くなる。BSは独自の発砲ゴムで柔軟性を得ているので、古くなっても硬くならない。だから性能劣化しにくい」ということでした。 しかし、タイヤ公正取引協議会によると、検証の結果、保管が適正であれば製造から2シーズンが経過したスタッドレスタイヤでも直近に生産した製品と同等の性能が維持されているとのことです。
ということで、今年は、グッドイヤー(日本製)の昨年製造のタイヤがとても安かったので、(BS新品の半値)購入し、もう装着しています。 

 このタイヤです。製造時期はX2419とあり、2019年24週(6月中旬)であることがわかります。

 

 ところで、タイヤの溝の深さは1.6mm以上なければ、保安基準に適合しないので、整備不良で道交法違反となります。 1.6mmの目安がスリップサインですが、スタッドレスタイヤにはスリップサインに加えて、冬用タイヤとしての使用限界を示すスノープラットフォームがあります。 これはだいたい5mmくらいです。
 スノープラットフォームが出ても、スリップサインが出ていなければ直ちに保安基準違反にはなりません。 しかし、都道府県別の道交法施行細則というのがあって、北海道の細則では 12条の2項に
「積雪し、又は凍結している道路において、自動車若しくは原動機付自転車を運転するときは、スノータイヤを全車輪に装着し、又はタイヤ・チェーンを取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。」とあります。
従って、スノープラットフォームが出ているタイヤを雪道で使うと違反となり、整備不良車ということで摘発される可能性があります。

サイクル25

  • 2020.10.14 Wednesday
  • 08:59

JUGEMテーマ:アマチュア無線

 

 国立天文台太陽観測科学プロジェクトのHPhttps://solarwww.mtk.nao.ac.jp/jp/solarobs.htmlで「太陽黒点の数が2019年12月に極小になり、この時を境に太陽活動の第24周期が終わり第25周期が始まりました。」とありました。 13ヶ月の移動平均による結果とのことで、やっとという感じです。

 太陽の活動サイクルは約11年で、太陽黒点数で判断しますが、このところ黒点数が少ないために、過去にあったような長期の低活動期(マウンダー極少期)になるのではないかということが言われていました。 このHPによれば、太陽活動が低下すると周期が長くなる傾向があり、サイクル23は12年以上と長く、サイクル24は太陽活動が弱かったが、サイクル24は11年で終わったので、今後の活動が長期的に低下するとは必ずしも言い切れないとあります。

 

 

 

ターンテーブルのストロボ

  • 2020.10.08 Thursday
  • 15:48

JUGEMテーマ:アマチュア無線

 

 ときどきアナログレコードを聴いています。

 オーディオセットは1980年代の普及機で、高価なものではありません。

 ターンテーブルはSONYのPS-X30A、カートリッジはXL-MC3で、当初から付属していたものだと思います。20年以上放置していて、当初は動かなかったのですが、内部基板の可変抵抗にクリーナーをかけると復活しました。

 

ところで、このターンテーブルはダイレクトドライブですが外周にストロボ用の刻みがあって、ピッチを微調するようになっています。 この後のものは水晶発振によって回転が正確になったので、ストロボが不要になりました。

ストロボは雰囲気があって気に入っています。

 

 この写真は他の回転の刻みが流れるようにシャッター速度を1/13で撮りました。

 

nano-VNA入手(4)

  • 2020.09.20 Sunday
  • 09:48

JUGEMテーマ:アマチュア無線

 以前に作ったラダーフィルタの特性を測ってみます。

 

 10.7MHzの水晶発振子6個です。

 

 sark-110ではフィルターの特性は測れませんが、nano-VNAはこのように狭帯域のフィルターでも測れます。

 フィルターとしての特性はパッとしませんが、減衰量は取れています。

 比較対象がないので、どこまで正確かどうかはわかりませんが、アマチュア的には充分です。

 

 

nano-VNA入手(3)

  • 2020.09.18 Friday
  • 11:58

JUGEMテーマ:アマチュア無線

 

 試しに抵抗を測定してみます。

 

 39Ωの炭素抵抗をSMAコネクタにはんだ付け

 抵抗のリード部分がコイルを構成します。 このコイルのインダクタンスがどのように測定できるかを確認します。

 

 まず、SARK-110のScalar Chartで見てみます。

 若干のコイル成分があって、Xsが周波数によって上昇していることがわかります。

 

このままSingle Friquencyで測定します。

2MHzではコイル(リアクタンス成分)の影響はほとんどありません。

50Ωで校正しているので、リアクタンス成分が50Ωに近いと、インダクタンスやキャパシタンスの値の精度が良くなってきます。

101MHzで図ると、リアクタンスXsが8.6Ωということで、インダクタンスは約13.6nHと測定できます。

 

つぎにnano-VNAで測定します。 マーカーを2つ表示しているのですが、同時に2つの値は読めませんので、マーカーの選択を変えて2つの画面を示します。

 3MHzでリアクタンス分は0.367Ωで19.5nHです。このインダクタンスの値は50Ωからだいぶ離れているので精度は落ちていると思われます。

100.5MHzでリアクタンス分は9Ωで14.2nHとなりました。 インダクタンスはSARK-110の値に近い値です。

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM