nano-VNA入手(2)

  • 2020.09.17 Thursday
  • 11:05

JUGEMテーマ:アマチュア無線

 

 VNAには校正が必須で、nano-VNAにも校正に必要なショート、オープン、と50Ω終端が付属しています。本格的なVNA用の校正キットはそれだけで何十万円もします。 そこまでの周波数や精度を要求しない安いものもありますが、簡単に入手できないので、nano-VNAに付属しているのは助かります。

 

 nano-VNAに付属している校正キット:左から、オープン、ショート、50Ω

 

 nano-VNAで校正(1 - 200MHz)を行い、そのまま50Ωを付けた状態を下に示します。

 黄色の「CH0 LOGMAG」が測定周波数範囲内で-70dB以下となっています。 これは反射が測定限界以下ということで、校正ができていることを示しています。

 

 ここで、この50Ω終端を測定してみます。

 

反射が-40dBほどになりました。 まあこれは、nano-VNAの終端と、この50Ω終端の差を示しているということで、それが-40dBならアマチュア的には十分な精度といってよいと思います。

 

つぎに、手持ちのダミーロードを測ってみました。

 

 反射は-30dBほどになりました。M型コネクタのせいか、やや悪化しました。

 SWRを表示しましたが、1.05なら送信用ダミーロードとして問題ないでしょう。

 

 

 

nano-VNA入手(1)

  • 2020.09.17 Thursday
  • 10:22

JUGEMテーマ:アマチュア無線


 ついに私もnano-VNAを入手しました。 SARK-110でも、この値段の計測器でいろいろと遊べてすごいと思っていましたが、nano-VNAはさらに1/5ほどの値段です。 SARK-110はアンテナアナライザ―でnano-VNAとちょっと目的が違いますが、比較しながら遊んでみようと思います。

 

 SARK-110とnano-VNA

 

・大きさ、重量

  SARK-110: 98 x 60 x 14.5 mm   120g

  nano-VNA: 91 x 59 x 17 mm        85g

 同じくらいの大きさです。

 SARK-110はしっかりとした金属ケースで、nano-VNAはプラスチックケースです。 ここが価格の違いでしょう。

・LCD表示

  SARK-110:  3inch   (400x240)

  nano-VNA: 2.8inch (320x240)

 LCDの大きさもそれほど変わりませんが、nano-VNAは文字が小さく老眼にはつらい。

・操作性

  SARK-110は上部に4つのプッシュスイッチと2つのトグルスイッチ(左右リターン、プッシュ)があります。

  nano-VNAにも1つのトグルスイッチがありますが、基本はLCDをタッチしてメニューを選びます。

 ギターのピックのようなタッチ用の板が付属しますが、タッチペンを別に用意したほうが良いと思います。

 

ネット通販について

  • 2020.09.12 Saturday
  • 11:01

JUGEMテーマ:アマチュア無線

 SARK-110用にBNC-MCXケーブルをamazonで購入したと書きましたが、2年ほど前にamazonのアカウントは削除していて、amazonはなるべく使いたくはありませんでした。

 amazonは10年以上前からよく使っていたのですが、国内で法人税を納めていないという報道があったころから、ヨドバシや楽天など国内でも同じような価格で買える場合はamazonをなるべく使わないようにしていました。そうしているうちに、加入した覚えがないのにいつの間にかプライム会員になって会費を取られていることがわかって、完全に不信感を抱き、アカウントを削除しました。

 今回、BNC-MCXケーブルを国内サイトで見つけられなかったのでやむを得ずamazonのアカウントを作りました。しかし、不信感は払しょくされてはいません。支払いは銀行口座やクレジット番号を登録したくないので、コンビニでの現金払いを使っています。

 

 

 

SARK-110 BNCコネクタ化

  • 2020.09.07 Monday
  • 15:59

JUGEMテーマ:アマチュア無線

 SARK-110をフィールドで使うとき、SMAコネクタが壊れやすいhttp://radio.kajaran.kikirara.jp/?eid=25ので、対策をしました。

 まず、amazonでBNC-MCXコネクタ付きケーブルを購入。

これをSARK-110とともにアルミ板などに固定しようと思ったのですが、適当なものがありません。

こういう時はまず、100均をうろうろします。そうして、ダイソーでこれを見つけました。

薄い鉄板でできています。マグネットが付属していて、冷蔵庫などに張り付けるホルダーのようです。

下の部分に穴をあけ、両面テープでSARK-110を固定してできあがり。

 

これでコネクタの強度はアップしました。

 

 

 

バーチカルアンテナ V-2jr

  • 2020.08.23 Sunday
  • 09:13

JUGEMテーマ:アマチュア無線

 狭い敷地で7MHzに出るために、バーチカルアンテナをあげていましたが、2m用のアンテナをあげるために降ろしていました。

 Eスポシーズンも終わりに近づき、再び7MHzに出るべくあげなおしました。

 ナガラ電子工業のV-2jrです。7/21MHz用で長さは約5mです。1.6kgと軽量で一人でも簡単に上げられます。

 前回は7MHz用のラジアルを1本だけZ字のように張り、VSWRが最低で1.5ほどになりました。

 今回はもう少し高い場所に取り付け、ラジアルは7MHz用(約10m)をL字状に、21MHz用をほぼ水平に取り付けました。

ラジアルは2mmのアルミ線です。 細くて写真ではよくわかりません。 下のアンテナは50MHz用のHB9CVです。

7MHzのVSWRは次のようになりました。

 

21MHz用のラジアルを長くしてみましたが、VSWRの最低点の周波数はなかなか下がりません。

 21MHzのVSWRは3近くありますが、7MHzが目的なので、諦めました。

 ところが、HF全体をみて、びっくり

なんと28MHzのVSWRが下がっています。

28MHzを拡大すると

広帯域で素晴らしいです。

すでに28MHzのコンディションが下がっているので飛ぶかどうかはわかりませんけど。

仮設のダブルバズーカhttp://radio.kajaran.kikirara.jp/?day=20200703は撤去しました。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM